「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > 国家資格"第2種・電気工事士試験"に合格した7名のメンバーに関する記事が、大分合同新聞に掲載されました。

学校からのお知らせ

国家資格"第2種・電気工事士試験"に合格した7名のメンバーに関する記事が、大分合同新聞に掲載されました。
2018年12月25日

[ コンテンツ・データ記載協力 = 各種分掌担当他、関係各位 ] ※参考= アイテム 更新 12月 25日(火)  18:52                 

◎大工FBにはいち早く取り上げて頂き、既に多くの関係者から連絡を頂いた経緯がありますが、本校電気科2・3年の7名が工業系の専門資格"第2種・電気工事士”国家試験に合格した件に関して、12月21日(木)付大分合同新聞朝刊に取り上げられました。今回の美挙については、自家用電気工作物または一般用電気工作物の工事に関する専門的な知識と技能を有する者に都道府県知事により与えられる資格として知られるエキスパートの資格取得に向けた学習活動の一環として、電気科の大多数の先生方による統括下、当該試験にチャレンジした生徒各人の努力の賜物であり(筆記試験・実技試験を併せたトータルの合格率は約46.5%)、卓越した機動性や即応性で知られる大工FB等のSNSツールによる紹介は勿論、県内最大発行部数(公表概算値参考)を誇る大分合同新聞の紙面に掲載されたことで、改めてその成果の素晴らしさについて多方面から称賛の声を頂いており、関係者の堅実な取り組みに対して心より敬意を払いたいと思います。また、当該メンバーによる秀逸なアプローチに影響を受ける形で、様々な学習活動や課外活動、アルバイト等の分野で独自のプロトタイプ(原型)を構築すべく、地道な努力を継続しているその他の生徒諸君の今後の新たな胎動にも注目が集まっています。 

[工業系コンピテンスのひとつとして認定されている"第2種・電気工事士資格試験”を見事にクリアし、本校の安野校長や江口教頭をはじめ、指導担当の電気科の先生方が見守る中、大分合同新聞記者による取材を受ける電気科2・3年の7名のメンバー。他の一般生徒も含めた、学校全体の更なる躍動が期待されるところである。 ]