「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > 『平成27年度:大工定時制機械科・課題研究発表会』概況報告。

学校からのお知らせ

『平成27年度:大工定時制機械科・課題研究発表会』概況報告。
2016年01月27日


 [ コンテンツ・データ記載協力 = 本校総務部・授業担当他、関係各位 ]

◎本日(1月27日)2限目の時間帯を使って『平成27年度:大工定時制機械科・課題研究発表会』が、本校給食室に於いて実施されました。

これまでの研究概況等については、前回のオフィシャルHP上のコンテンツでも紹介しましたが、個別の研究内容を詳細かつ平易な言葉で

発表することなどを旨として、授業担当の先生方によるきめ細かい指導を受けながら学習活動に取り組んで来た生徒たちは、外山機械科

主任による統括下、宇薄・久保田(共に3M)という2名の生徒による円滑な司会進行に依拠する形で、先生方や後輩諸君が熱い視線を

送る中、落ち着いた雰囲気を醸し出しつつ、堂々とした態度でプレゼンテーションに臨んでいたのが印象的でした。

 グループ別では、安藤・河野ペアが本箱等の“オリジナル木工製品”の作成活動に取り組み、外山・福澤両先生による統括下、完成品を

職員室や事務室等の所定の場所に設置するという、俯瞰的見地に立脚した一連のプロセスを纏めたアプローチや、他方、麻生・長浦・

姫野・山本の4人から構成されるメンバーが、須崎顧問や授業担当の甲斐先生によるサポートを受けながら“2015年 EVフェスティバル

九州 in くまもと大会”に向けた継続的なアクティビティを体現した結果、見事に総合第4位という輝かしい成績を収めた活動記録など、

総じてクォリティの高いプレゼンが出揃うことによって発表会全体が内容の濃いものになったというイメージが強く残り、“課題研究授業”

という地道な学習活動に於ける“真摯で粘り強い”姿勢を保持することの重要性を再認識することが出来た、素晴らしい発表会だったと

思います。

[ 1月27日(水)の2限帯に、給食室で実施された『平成27年度:大工定時制機械科・課題研究発表会』の様子。発表会本番に向けて

指導担当の先生方によるアドバイスを受けながら、入念な準備に取り組んで来た4年生メンバーは、先生方や後輩諸君が見守る中、

多くの生徒が落ち着いた態度で自分たちの研究活動を発表することによって、これまでの取り組みの質の高さを改めて印象付けた。 ]