「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > "平成26年度:CSR活動"の一環として、ペットボトル・キャップを(株)イオン九州に寄託。

学校からのお知らせ

"平成26年度:CSR活動"の一環として、ペットボトル・キャップを(株)イオン九州に寄託。
2014年04月21日

 

  [ コンテンツ・データ記載協力 = 総務部:橘教諭。 ]

◎大分工高定時制生徒会のメンバーか中心となって取り組んでいる“CSR事業”(社会貢献活動)の一環として、4月15日(火)の夕刻、

ペットボトル・キャップの寄贈活動が(株)イオン九州・ジャスコ光吉店で実施されました。今回の活動に於いては、生徒会役員を代表して

福元生徒会長(4M)が現地店舗を訪れ、学校で収集したエコキャップを所定のBOXに提出。生徒会担当の前原・工藤(学)両顧問や

ジャスコ光吉店の関係者が見守る中、生徒会スタッフ等による地道なアプローチの成果が、社会貢献団体に対する有意なサポートとして

機能し、福元生徒会長を中心とする一連のプログラムが効果的に連動していることを証明する形になりました。

 今回、提出されたエコキャップを含めてこれまでに生徒会のメンバーが中心となって収集した活動に対しては、当該機関から感謝状も届いて

おり、発展途上国等で困難な暮らしを余儀なくされている子どもたちを感染病から守る「ポリオワクチン」の精製事業に役立てられていること等も

含めて、“生徒の主体性”に依拠した今後のCSR活動の拡充や専門知識の集積に注目が集まっています。

エコキャップ収集。1A.jpgペットボトル・キャップの贈呈。1akd.JPGエコキャップ収集。1AR.jpgエコキャップ収集。1AD.jpg

 【今回の「エコキャップ寄贈活動」では、発展途上国へのポリオワクチン協力事業を推進している(株)イオン九州のジャスコ光吉店に、

大分工高定時制生徒会を代表して福元生徒会長が店舗を訪れ、当該品目の寄託を行った。】