「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > 「平成26年度:青少年赤十字出前講座 ~防災教育事業~ 」 概況報告。

学校からのお知らせ

「平成26年度:青少年赤十字出前講座 ~防災教育事業~ 」 概況報告。
2015年01月05日

 

 [ コンテンツ・データ記載協力 = 本校総務部等、関係各位 ]

 ◎明けましておめでとうこざいます。本年も、何卒宜しくお願い申し上げます。前回、大工定時制のオフィシャルHPコンテンツの一部が

大工FBに紹介された関係で、全日制・定時制の如何を問わず、様々な分野に於いて積極的なアプローチを体現し続ける大工健児の

意気軒昂さについて、多くの方から称賛の言葉を頂くことが出来ました。大工定時制のHPに関しては、総務部による統括下、学年所属の

先生方の協力を受けながら、特別活動部についても各種のアクティビティを可能な範囲で時系列的に紹介していますが、今回、卓越した

機動性や広範性等が多様なシーンで取り上げられ、日本一達成が間近な大工FBを媒介として、真摯な立場で本校生を激励する旨の

声を随所で頂くことが出来たことについては、関係各位に対して心より感謝申し上げる次第です。

 さて、当該コンテンツ「青少年赤十字出前講座~防災教育事業~」については、昨年1215()1限帯に日本赤十字社大分県

支部の事業推進課から高橋真弓先生を講師としてお招きし、国内外で頻発する各種災害についての情報や緊急事態発生時の適合

マニュアル、更には対応すべき行動パターン等、俯瞰的な観点から詳細な説明を頂き、講座に参加した大部分の生徒が真剣な表情で

高橋先生の話を傾聴していたのが印象的でした。平成233月に発生した「東日本大震災」をはじめ、昨年の各種豪雨災害や火山噴火、

あるいは豪雪に伴う多大な被害状況等を鑑み、市民ひとりひとりが個々の置かれたライフスタイルを見詰め直し、非常時に即応出来る

態勢を如何に構築すべきか…。慌しい毎日の生活を送る中で、セーフティネットやライフライン等の確立とも併せて、深く考えさせられる

ことの多い「防災教育講座」だったと思います。 

防災教育・出前講座。1.jpgIMG_7042 (2).jpgIMG_7043 (2).jpgIMG_7034 (2).jpgIMG_7038 (2).jpgIMG_7044 (2).jpgIMG_0797 (2).jpgIMG_0798 (2).jpg防災教育・出前講座。2.jpgIMG_7046 (2).jpgのサムネール画像IMG_0804 (2).jpgのサムネール画像IMG_0799 (2).jpgのサムネール画像

[ 昨年末の1215()、給食室で行われた「平成26年度:青少年赤十字出前講座~防災教育事業~」の様子。日本赤十字社

大分県支部事業推進課より高橋真弓先生を講師としてお招きし、専門的見地から詳細な説明を聞くことが出来た。 ]