「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > 「平成25年度:文化のつどい」=生徒会・活動報告に向けた、県内フィールドワーク活動が行われました。

学校からのお知らせ

「平成25年度:文化のつどい」=生徒会・活動報告に向けた、県内フィールドワーク活動が行われました。
2013年10月21日

 

◎前回のHPコンテンツでも紹介した通り、11月下旬に予定されている「平成25年度:文化のつどい」に於いて、生徒会が計画を

進めている“大分県内戦跡調査フィールドワーク”に関する取り組みが、10月13日(日)に実施されました。今回の活動は、

丹生生徒会長(4M)を主体とする本年度の生徒会役員が中心となって、「文化のつどい」での発表を予定している“保戸島”

(津久見市)エリアに主眼を置いた調査研究活動の一環として行われたもので、太平洋戦争に於ける悲しい歴史事象を再検証する

ことで、21世紀のグローバル社会に際する“平和理念の構築”を意図した新たな胎動の一翼を担うべく、大分工高定時制健児としての

意欲的なアプローチが体現されたようです。(写真資料等= 引率・高添先生撮影。生徒会参加者= 丹生・小手川・藤井。)

今回の活動内容等に関しては、11月22日(金)「文化のつどい・第2日」の生徒会プレゼンテーションに於いて発表される予定です。

戦績の調査学習。1AD2.bmp戦績の調査学習。1ADG2.bmp

戦績の調査学習。1ADGmk1.JPG戦績の調査学習。1AA1.bmp

戦績の調査学習。1a1.bmp戦績の調査学習。1as1.bmp戦績の調査学習。1ADGk1.bmp戦績の調査学習。1ADGm1.JPG

[ 10月13日(日)に実施された、“大分県内戦跡研究フィールドワーク”(津久見市保戸島)に於ける現地調査活動の様子。 ]