「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > "第21回:高校生ロボット相撲大分県大会"[8月21日(金)開催予定]に本校代表チームが出場します。

学校からのお知らせ

"第21回:高校生ロボット相撲大分県大会"[8月21日(金)開催予定]に本校代表チームが出場します。
2015年08月17日

 

 [ コンテンツ・データ記載協力= 関係分掌・担当等各位 ]

◎来たる8月21日(金)、“平成27年度:第21回高校生ロボット相撲大分県大会”(主催:大分県高校教育研究会工業部会、共催:大分合同

新聞社、後援:大分県教育委員会・大分県高等学校文化連盟・大分県産業教育振興会等)が、大分市要町のJR大分駅府内中央口広場に

於いて開催される予定です。前回「iichiko総合文化センター・アトリウムプラザ」をメイン会場として実施された第20回大会では、大工定時制

代表チームとして“ラジコン型部門”に初出場した竜・池田ペア(共に3E=当時)が、機械科の福澤先生による緻密な指導計画に依拠する形で

事前練習や作戦の立案・配置等、詳細なストラテジー(戦略)を構築した成果を遺憾なく発揮し、見事に初優勝の栄冠を手にした訳ですが、昨年

全日本大会で優勝し、更には世界チャンピオンに輝くという比類なき成績を収めた大工全日制代表チームをはじめとする大分県下の名立たる

実力校を相手に臆することのない勝負を体現した大工定時制チームのフレキシブル(対応能力に溢れた)な試合運びは、会場に詰め掛けた

観衆に強いインパクトを与え、多くの賞賛の声が寄せられたことは周知の事実です。本年度の大会は、JR大分駅前広場に会場を移して実施

される運びとなり、前回とはメンバーを変更しながらも、マイスター福澤による統括下、文字通り“ディフェンディング・チャンピオン”として大会に

臨む大工定時制チームの一挙手一投足に注目が集まっています。

プレゼンテーション。( 高校生・ロボット相撲大会。前年度資料です。 )1A (2).jpg

[ 昨年8月27日(水)、大分市内のiichikoグランシアタで開催された『第20回:高校生ロボット相撲・大分県大会』の様子と、ラジコン型部門で

優勝を飾った大分工・定時制チームの2名等について特集した、「特別活動通信:芳豊」=8月増刊号。大分工定時制から出場した池田・竜ペア

(共に3E=当時)が操作する“TEIJI”は、福澤監督による緻密な指導計画が奏功し、大分工全日制Aチームによるエントリーマシン“毘沙門零”を

決勝で破り、見事に初出場・初優勝の栄誉に輝いた。 ]

※記載データについては、下記のPDFファイルを参照して下さい。

  H26、9月 芳豊 特別号 (ロボット相撲大会) その3.pdf