「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > 『第20回:高校生ロボット相撲大分県大会』で、"大工TEIJI"が初出場・初優勝(ラジコン型部門)の快挙達成!!

学校からのお知らせ

『第20回:高校生ロボット相撲大分県大会』で、"大工TEIJI"が初出場・初優勝(ラジコン型部門)の快挙達成!!
2014年09月01日

 

[ コンテンツ・データ記載協力= 本校総務部等、関係各位 ]

◎8月27日(木)、“平成26年度:第20回高校生ロボット相撲大分県大会”(主催:大分県高校教育研究会工業部会、共催:大分合同新聞社、

後援:大分県教育委員会・大分県高等学校文化連盟・大分県産業教育振興会等)が、大分市内のiichiko総合文化センター・アトリウム

プラザで行われ、大分県下の工業系学科が設置されている7校から合計92名の生徒が参加。自立型部門とラジコン型部門それぞれの

セクションに、全体で42台のマシンがエントリーして熱い闘いを繰り広げましたが、大分工定時制から初出場した池田翔悟(3E)・竜一央(3E)

ペアがコントロールする“TEIJI”が、大分工全日制Aチームの強豪マシン“毘沙門零”との決勝対決を制し、見事に初出場・初優勝の快挙を

成し遂げました。池田・竜のコンビは、夏季休業中に「第25回:全日本ロボット相撲大会・ラジコン型3位」の栄誉に輝く結果をサポートした

実績等で、「平成25年度:大分県高等学校文化連盟功労者表彰」を受けた本校機械科の実習教諭・福澤先生による指導下、ロボット

構造や本体のメカニズム等に関する詳細な説明に基づく理解を深めると共に、ラジコンロボットのコントロール・テクニックに関する

アドバイスに依拠しながら、多岐に渡る地道なトレーニングを継続。アトリウムプラザで行われた本大会では、高倉校長や安部教頭等、

多くの関係者が見守る中、これまでの取り組みの成果を十二分に発揮して、初戦から安定した戦いぶりを体現していたのが印象的でした。

 決勝は、難敵・大工全日制Aチームとの対戦となり、校内の練習試合等で手の内を知る相手ということもあってハイレベルな知能戦が内包

される好勝負が期待されましたが、池田・竜ペアは相手マシンとの駆け引きの妙に於いて夏季休業中に体得したポテンシャルを如何なく

披露し、今回の素晴らしい成績に結び付け、大工全日制メンバーと共に会場を訪れた多くの観衆から健闘を讃える盛大な拍手を受けて

いました。

IMG_6013 (2).jpgIMG_5978 (2).jpgIMG_5946 (2).jpgIMG_6084 (2).jpgIMG_5975 (2).jpgIMG_5991 (2).jpgIMG_6007 (2).jpgIMG_5956 (2).jpgIMG_5969 (2).jpgIMG_6019 (2).jpg

[ 8月27日(水)、大分市内のiichikoグランシアタで開催された『第20回:高校生ロボット相撲・大分県大会』の様子、並びに優勝を飾った

大分工・定時制チームの2名。大分工定時制から出場した池田・竜ペア(3E)が操作する“TEIJI”は、大分工全日制Aチームによるエントリー

マシン“毘沙門零”を決勝で破り、見事に初出場・初優勝の栄誉に輝いた。 ]