「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > "2015年 EVフェスティバル九州 in くまもと大会"で、機械科4年選抜メンバーが総合第4位入賞。

学校からのお知らせ

"2015年 EVフェスティバル九州 in くまもと大会"で、機械科4年選抜メンバーが総合第4位入賞。
2015年10月19日

 [ コンテンツ・データ記載協力= 各係担当等、関係各位 ]

◎10月11日(日)、熊本市西区田崎の「三陽自動車学校・田崎校」をレース会場として、“2015年 EVフェスティバル九州 in くまもと

大会”[主催:日本EVクラブ九州 熊本支部、崇城大学学長中山峰男氏 主管:日本EVクラブ・くまもと モータースポーツクラブ肥後椿

後援:株式会社GSユアサ、三陽自動車学校、(株)ZDP、日本自動車連盟(JAF)、(有)ダアド、熊西オート]が行なわれました。

大会当日は、[鉛電池部門・ワイパーモータークラス]に4チーム、[鉛電池部門・その他モータークラス]に21チームという計25チームが

それぞれのセクションにエントリーする形でトライアルが実施され、いずれも白熱したレース展開に突入。大分県からは、大分工業高校

定時制と中津東高校全日制の2チームが、[鉛電池部門・その他モータークラス]エントリーし、両チーム共に決められた条件下での

セッティングに専心した成果を一定の範囲内で発揮してくれたようです。最終的に、大工定時制チームは、須崎監督による統括下、

麻生・姫野・山本・長浦(共に4M)の4名が内包するポテンシャルの一端を垣間見せ、「復活した初号機」を駆使して見事に総合第4位

という成績(トータルラップ=42周、平均タイム=57.791、平均時速=23.390)を収め、これまでの取り組みのエフェクト(結果)を

素晴らしい形で体現してくれたことについては、多くの関係者から称賛の声が寄せられています。エントリー・メンバーを含むその他の

生徒諸君に関しても、課題研究等をはじめとする今後の学習活動や諸行事に於いて、更なるステップ・アップが期待されるところです。

 

[ 10月11日(日)に熊本市西区田崎の「三陽自動車学校・田崎校」で開催された“2015年 EVフェスティバル九州 in くまもと大会”

(主催:日本EVクラブ九州 熊本支部、崇城大学学長中山峰男氏}等の様子。大工定時制チームは、(鉛電池部門・その他モーター

クラス)に於いて第4位という立派な成績を収め、大工健児の意気軒昂さを十二分に披露した。 ] (データは、一部準備風景を含む。 )