「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > 明日から「第2学期・ 中間考査」...。様々な行事をモチーフとすべく、更なるスキルアップを期す"大工定時制健児"。 [REPLETION ]

学校からのお知らせ

明日から「第2学期・ 中間考査」...。様々な行事をモチーフとすべく、更なるスキルアップを期す"大工定時制健児"。 [REPLETION ]
2020年09月23日

 [ コンテンツ・データ記載= 総務分掌 WEB担当 ] ※参考 = アイテム更新 9月  23日(水) 21:15    

                                                                               2回目更新 9月  24日(木) 21:10   

◎漸次、初秋の佇まいを感じることの多い頃来…。先日のHPアイテムとしても記載した通り、明日より4日間のスケジューリングに依拠する形で中間考査が始まりますが、第2学期はそれ以外にも「体育大会」や「文化のつどい」、更には当初6月に実施予定だった「県定通高校体育大会」等、各種行事や活動が目白押しと言ったシチュエーションが予想されており、“コロナ禍”で様々なイベントが中止や延期といった措置が取られ、学校も臨時休校期間が長期化するなど、全く先の見えない状況が続いた第1学期と比して多くのカテゴリーで通常の取り組みに近いディテールが確立されつつあるように思います。これまでに、本校を卒業したメンバーが仕事終わりや休日に学校を訪れ、在学時代の想い出等を語る際にも、学習活動や各種アクティビティを通じて会得した貴重な糧をサブジェクトとして、個別の進路決定や資格取得、或いは生徒会活動や対外コンペティション等に於ける卓越した取り組みを具現化したことなど、大工健児としてのプレゼンス(存在感)を遺憾なく発揮したことに一定の充実感を漂わせているケースが多いように感じています。以前のコンテンツでは、「マイコンカーラリー」や「ロボット相撲 各種大会」等のイベントを通じて、学習指導要領に於ける「文化的行事」を遂行する上での要諦=「平素の学習活動の成果を総合的に活かし、その向上の意欲を一層高めるような活動を行うこと」といった内容との相関性を紐解いた訳ですが、前述した様々な取り組みに関しても、学習活動とアルバイト等の並立に勤しむ本校生の現状に鑑み、多岐に渡るコンセプトを如何に効率的かつ的確に涵養するかといった点がフォーカスされつつあると実感する此節…。当該アイテムでは過去に行われた“大工定時制・文化のつどい”等を中心に編集したダイジェスト・グラフを、セレクトして記載していますので参照して下さい。   

[ 記載データは“平成26年度・各種活動FEATURE ARTICLES シリーズ”として「文化のつどい・第1日」(日産自動車九州工場見学、概況報告)を編集したアイテムからセレクトした画像と、"平成29年度・文化のつどい ダイジェスト版"を並記。校外修学体験活動に参加した生徒各人は、先端技術が凝縮・設置された当該施設や文化的ファシリティに於いて充実した研修を体験した。 ]