「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > 『令和2年度: 第1学期・防災避難訓練』(地震発生対応)が実施されました。

学校からのお知らせ

『令和2年度: 第1学期・防災避難訓練』(地震発生対応)が実施されました。
2020年04月15日

[ コンテンツ・データ記載= 総務分掌 WEB担当  ]  ※参考= アイテム更新 4月 15日(水) 21:25                 
       
◎4月 15日(水)18:10~18:55のスケジュールで、『令和2年度:第1学期・防災避難訓練』(地震発生対応)が行われました。今回の防災訓練は、安藤主幹教諭による全体統括下、「新型コロナウィルス感染症」防止対策等を十分に勘案した上で、所定の手続きに従って避難警報非常ベルが鳴らされた後に、生徒指導部から校内放送で地震発生を知らせると共に、避難場所に指定された生徒昇降口前の駐車場へ安全に避難するよう指示が行われ、生徒は係担当の先生方による誘導に従いながら避難場所へと移動する様子が見て取れました。「防災避難訓練」全体としての動きに関しては、整然とした動きを完遂するメンバーが大部分だったことからも分かるように、前回までと比較しても非常に円滑な避難行動が体現された一方で、生徒諸君のポテンシャル(潜在能力)等を鑑みた場合、公的意識や危機意識の徹底という観点からも、更なるグレードアップが期待出来るシチュエーションが現出されているように感じました。本日の訓練避難に於ける全体集合完了後、生徒たちは江口教頭による講評を静粛な雰囲気の中で傾聴した上で、事前に決定された係の業務内容について担当の先生方からレクチャーを受け、災害発生時の個別の動きを確認。以前の訓練で指摘された「客観データの分析から導き出された正確な防災対策マニュアル活用の必要性」や、「正常性バイアス」等の特性を勘案した上での緊急時の行動対応のイメージ化等も踏まえて、日常生活に於ける災害への備えを如何に万全なものにするべきか、生徒個々人の意識の涵養が求められるところです。


[ 4月 15日(水)の夕刻に行われた、『令和2年度:防災避難訓練』の様子。18:20の訓練放送開始後、全校生徒が所定の指示に従って避難場所の生徒昇降口前の駐車場へ移動した後、全体的な講評や日常生活に於ける心構え等の総括を傾聴し、緊急災害発生時の対応方策について認識を新たにした。 ]