「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > "10月期:CSR活動"(生徒会継続事業)として、ペットボトル・キャップを(株)イオン九州に寄託しました。

学校からのお知らせ

"10月期:CSR活動"(生徒会継続事業)として、ペットボトル・キャップを(株)イオン九州に寄託しました。
2017年10月06日

 

[ コンテンツ・データ記載協力 = 各種分掌担当他、関係各位 ] ※参考= アイテム 更新 10月 6日(金) 21:05    

◎本年度・7~8月期のHPアイテムとしても記載しましたが、大分県生活環境部・うつくし作戦推進課が主管する『平成29年度:おおいた

うつくし作戦』や日本ユネスコ協会連盟による『世界寺子屋運動』への協力活動等、大工定時制のメンバーが継続的に取り組んでいるCSR

(社会貢献)活動については、芳河原台自治会の地域住民や本校同窓会各位等、多くの方々による環境美化活動を御手本にしながら、

生徒各人が出来る範囲での取り組みを遂行している旨、紹介しました。今回(10月初旬)、放課後の時間帯を使って、学校で集約された

ペットボトル・キャップを(株)イオン九州・ジャスコ光吉店に寄託しましたが、一連の活動に於いては、河野・古賀・冨成・田原等の生徒会

スタッフがこれまでの取り組みを踏襲する形で、アルバイト等の空き時間を用いながら、地道なアプローチを具現化している状況が散見

されます。今後も、生徒個々人が限られた時間を有効に活用しながら、本質的な意味での“社会道徳の遵守”を主眼とした、これからの

CSR活動の拡充や専門知識の集積が期待されるところです。

【 10月初旬に実施された、発展途上国へのポリオワクチン協力事業を推進している(株)イオン九州のジャスコ光吉店に向けた

「エコキャップの収集・寄託活動」の当該物品の状況と、大工定時制生徒会の古賀副会長(4M)。 】