「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > 依然として混沌とする社会状況...。"各種活動 SUMMARY アーカイブス VOL.④"= 『本年度・対面式』等から鑑みる大工生的アクティビティ。

学校からのお知らせ

依然として混沌とする社会状況...。"各種活動 SUMMARY アーカイブス VOL.④"= 『本年度・対面式』等から鑑みる大工生的アクティビティ。
2020年04月21日

 [ コンテンツ・データ記載= 総務分掌 WEB担当  ]  ※参考= アイテム更新 4月 21日(火) 21:17    

◎4月16日(木)夜、政府が「新型コロナウイルス感染拡大」を受けた緊急事態宣言の対象をこれまでの7都府県から全国に広げる決定を発出して、早や5日。国内外の様々なシチュエーション下で、「コロナウィルス 感染拡大防止」に傾注した多面的なアプローチが成されている此節ですが、本校に於けるオペレーションとしては、オフィシャルHP上に記載した各種コンテンツを通じて生徒諸君による各種活動の一端を紹介している頃来です。一例として、4月9日(木)に実施された「令和2年度:入学式」の概況に関しては、本校定時制・全日制のそれぞれの課程に入学を許可された新入生が、静粛な雰囲気が醸し出された各会場に於いて、落ち着いた態度で諸活動を完遂させたことは周知の通りですが、今回、4月10日(金)に行われた「対面式」を主眼に置いた“サマリー・アーカイブス VOL.④”を纏めましたので参照して頂ければ幸いです。当該アイテムに関しては、福田生徒会長(4E)や白坂(4E)・牧(3M)両副会長、更には庄司書記(4E)や篠田・永居両会計(共に4E)といった生徒会メンバーによる司会進行に依拠する形で行事が実施された訳ですが、生徒各人が平井・谷原両生徒会顧問をはじめとする多くの先生方によるサポートを仰ぎながら包括的な取り組みに臨み、概ね真摯な態度を具現化することで今回のイベントをクリアしたことは、今後の各種行事を遂行する上で、新たな可能性をインスパイアすることが出来たのではないかと思われます。新型コロナウィルスの影響で、未だ不透明感が続く状況が現出されていますが、勉強やアルバイト、課外活動等、様々なアプローチを通じて漸次、存在感を高めるべく地道な活動を体現する“コンソーシアム”(共通目的を有する組織体)の更なるブラッシュアップに注目が集まっています。


[ 『令和2年度:対面式』の様子を撮影したデータ(総務等保管)の中から編集した“サマリー・アーカイブス VOL.④”(PART2)。4月10日(金)に行われた当該行事を通じて、生徒諸君は互いに面識を持ち、諸活動へのプロローグを共有した。 ]