「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > "令和元年度・大工健児"が紡いだ、数多くの色褪せぬ想い出...。 [ 各種活動 SUMMARY ARCHIVE'S.43 ]

学校からのお知らせ

"令和元年度・大工健児"が紡いだ、数多くの色褪せぬ想い出...。 [ 各種活動 SUMMARY ARCHIVE'S.43 ]
2020年01月24日

 [ コンテンツ・データ記載= 総務分掌 WEB担当  ] ※参考 = アイテム更新  令和2年 1月 24日 (金)   
◎令和元年(2019年)年の年末は、気圧の谷や湿った空気の影響を受け、曇りや雨の日が顕在化する一方で、県内や全国各地の気温は全般的に高めで推移し降水量も多かったのに対し、正月三が日は概ね穏やかな天候に恵まれ、気温も高いシチュエーションが散見された日本列島。1月中旬の天気概況としては、一時的に西高東低の冬型の気圧配置が構築され、断続的に寒さの厳しい状況が現出された反面、3月中旬を感じさせる温暖な気候に恵まれる日もあるなど、寒暖差の大きいコンテキスト(様相)が具現化されている頃来です。大分県地方も、例に違わず最高気温・最低気温共に平年並みかやや高めの状況で経過する事様が続いており、そうした中でも通勤路の「大野川中流広域農道」に於ける夜間の冷え込みは殊更厳しく、22時を過ぎた頃にはO℃近くを記録することも珍しくない…そんな日常が続いている此の頃ではあります。本日(1/24)は、『令和元年度:課題研究発表会』(別途HPにて紹介予定)が給食室に於いて実施され、飯田(機械科主任)・形岡(電気科主任)両先生を中心とする専門科の先生方による統括下、4年生機械科・電気科のメンバーによる意欲的なプレゼンテーションが体現された訳ですが、学校オフィシャルHPに記載している『各種活動 SUMMARY ARCHIVE’S』等についても、アクセスログが昨年の平均アベレージより漸増傾向にあり、大工健児が体現する意欲的なアクティビティを様々なデリバリーを通じて、より詳細な対応や紹介が出来ればと考えています。今回、WEB上で紹介する「令和元年度・1月期 生徒会各種活動セレクション」についても、担当の先生方によるサポート下、生徒会スタッフを中心に、生徒諸君が多くの貴重な糧を得ることが出来たと思われる一連の取り組みをスピンオフVERSIONとして記載していますので、ご参照下さい。

[ 年末・年始期間に実施された『令和元年度:大工定時制 生徒会活動』の様子を編集した“各種活動SUMMARY ARCHIVE’S.43”。多くのメンバーが、それぞれの取り組みに於いて真摯な態度を完遂し、概ね円滑な行事進行が成された。 ]