「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > 今週も平常授業で学習に専心...。 『令和元年度: 大分県高等学校・定時制通信制体育大会』等での活動をモチーフに、更なる飛躍を期す大工健児。[DIGEST.② REPLETION ]

学校からのお知らせ

今週も平常授業で学習に専心...。 『令和元年度: 大分県高等学校・定時制通信制体育大会』等での活動をモチーフに、更なる飛躍を期す大工健児。[DIGEST.② REPLETION ]
2020年05月18日

 [ コンテンツ・データ記載= 総務分掌 WEB担当  ]  ※参考 = アイテム更新  5月 18日(月)           

                                                                                   2回目更新 5月 19日 (火) 20:05           
◎5月中旬から始まった学校再開後、多くの大工定時制メンバーは学習やアルバイト等を両立させながらそれぞれのデイリーライフを充実させるべく、試行錯誤を重ねる毎日が続いているように感じられます。本来であれば、来たる6月7日(日)に予定されていた『令和2年度:大分県高等学校定時制通信制体育大会』に照準を当てた部活動練習が本格化するところでしたが、「新型コロナウィルス感染拡大防止」の観点から「インターハイ」や「全国高校定通体育大会」等の主要行事が軒並み中止となる中、5月18日現在、県高校総体や県高校定通体育大会等は暫定的な延期の方針が示されており、そうした混乱の状況の中でも生徒諸君は個々人の学習状況を十分に勘案しながら、各教科の授業に集中出来る態勢を整えて欲しいところです。前年度に関しては、多くの生徒が基礎学力を含めた総合的な実力アップに結び付けるべく、地道な取り組みの萌芽を垣間見せた部分もありましたが、部活やそれ以外の活動に重きを置くことで“規則の順守”といった観点からは不十分な部分も散見されるなど、課題が残るアプローチだったように感じています。同じく、昨年は各学年所属の先生方による手厚いサポートに依拠する形で上級生の多くが個々人の進路決定を意図した取り組みを披露する一方、下級生は資格取得や弱点科目の克服に向けた地道な学習を継続させる等、やるべきことが自覚出来ているメンバーの積極性には特筆すべきものがあったように思われますが、そうした称賛すべき活動のベースは様々なルールを尊重した上で学習や課外活動に励むという常識的な行動の裏付けがあるということを忘れずに、個別の活動に関しても正確な優先順位を認識して臨むことが求められています。


【 「令和元年度:大分県高等学校定時制通信制体育大会」に於ける各種活動データ(試合・練習等)を編集した“ダイジェスト・シリーズ”、並びに各種競技をセレクトした“アイテム・スコープ”。昨年度は多くのメンバーが、定通県体や全国大会に向けて定期考査の終了後~夏季休暇序盤にかけて、体育館やテニスコート等に於ける練習で、真摯なアプローチを体現した。 】