「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > "高等学校等に於ける政治的教養の教育推進"に向けて ~第3学期・選挙出前授業実施概況~

学校からのお知らせ

"高等学校等に於ける政治的教養の教育推進"に向けて ~第3学期・選挙出前授業実施概況~
2016年03月18日

 

 [ コンテンツ・データ記載協力= 本校総務部等、関係各位 ]

◎本日(3 月18日)、「平成28年度:第二次入学者選抜試験」(二次入試)の合格者発表が行われ、小雨交じりの天候の中、若干のタイム

ラグを経て“時間差の春”を体感出来た生徒諸君も居たのではないかと思いますが、本校の1~3年生メンバーに関しては17:50~の日程に

依拠する形で、「第3学期:選挙出前授業」(主管:大分県明るい選挙推進協議会、大分県選挙管理委員会、大分市選挙管理委員会)が

給食室に於いて実施されました。今回、選挙権年齢が満18歳以上に引き下げられたことを踏まえて、高校生の間から有権者と成り得る

高校生世代がこれまでの歴史、つまり今まで継承されて来た蓄積や先人の取り組みや知識といったものに基づき、自分が暮らしている

地域の在り方や日本・世界の未来について調べ、考え、話し合うことによって、国家・社会の形成者として現在から未来を担っていくという

公共の精神を育み、行動に繋げていくことを目指すといった主旨に沿って、『私たちが拓く日本の未来 ~有権者として求められる力を身に

付けるために~ 』というタイトルの副読本が、文部科学省・総務省による主導下、既に全校生徒を対象として配布されており、特に4年生や

公民分野等を中心とした授業時[事例:2年政治経済=伊東先生等]に於いて、教科書や関係資料を参照しながら「在るべき個々人の姿を

探求し、社会参画につなげる」(文部科学省等ガイドラインより引用)というアプローチが成されたり、今後の様々な方策が練られている

といった経緯があります。

[※公民単元「現代の社会と人間 ~日本の政治機構と政治参加~」等まで進捗していない講座では、概説のみ実施。]

 本日、全校生徒が取り組んだ具体的な研修活動のデータと併せて、当該部局による配布資料の中にも紹介された参考WEBサイトを

コンテンツの下欄に記載しておきますが、包括的な意味での参政権の行使を含めた、個々人の学習活動の活性化が期待されるところです。

《 各種アクティビティ・参考WEBサイト 》

①都道府県選挙管理委員会連合/都道府県選挙管理委員会一覧等  http://www.todofuken-senkan.jp/

②総務省/選挙・政治資金      http://www.soumu.go.jp/senkyo/index.html

③外務省/在外選挙・国民投票        http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/senkyo/

④全国教室ディベート連盟/ディベートを学ぶ   http://nade.jp/material/index

[ 3月18日(金)に行われた“第3学期・選挙出前授業”は、「大分県明るい選挙推進協議会」や「大分県選挙管理委員会」、更には「大分市

選挙管理委員会」等の関係者による詳細なレクチャーが本校1~3年生を対象に実施され、今学期当初に全校生徒に向けて配布された

授業副読本『私たちが拓く日本の未来 ~有権者として求められる力を身に付けるために~ 』の内容等とも併せて、生徒個々人の公民的

資質の涵養という観点からも、貴重な経験になったと思われる。 ]