「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > 『令和元年度: 第3学期・始業式』が行われました。

学校からのお知らせ

『令和元年度: 第3学期・始業式』が行われました。
2020年01月08日

[ コンテンツ・データ記載= 総務分掌 WEB担当 ]  ※参考= アイテム 更新   令和2年 1月 8日(水) 21:17     

◎1月 8日(水)、給食室に於いて「令和元年度:第3学期」の始業式が行われました。“本年度・1~2学期”の諸活動については、各種大会や課外活動に於ける代表メンバーの活躍、或いは資格取得試験での合格達成や田原前生徒会長(4M)・福田生徒会長(3E)等を中心とした生徒会の取り組みなど特筆すべき数多くの事象が体現された訳ですが、江口教頭による統括下、円滑に実施された本日の式次第の中で原校長は、今学期に実施される様々な学校行事を念頭に置きつつ、生徒個々人が明確な目標を設定した上で、専門的な学習や各種活動に取り組むことの大切さに言及。更に、「第5世代移動通信システム」の略称として知られ、携帯電話などの通信に用いられる“次世代通信規格”のひとつ「5G」を事例に取り上げながら、コミュニケーションの世界においてあらゆるもの同士がつながり、リアルな世界とサイバー空間が融合する「Society 5.0」という考え方を生徒諸君に紹介することで、インターネット上にある膨大なデータをロボットやAIなどが自動的に処理し、人の手を必要とする作業が大幅に低減される今後の可能性についてお話しされました。未来社会では、ビッグデータとAI、IoTなどを活用してSociety 5.0を実現することによって、自動車や自操する機械などの自動運転技術の実現や少子高齢化の問題、経済的格差の是正など多くの社会問題を解決できると期待されていますが、「5G」はまさにこの「Society 5.0」を実現するうえで必要不可欠なテクノロジーだと考えられており、原校長は平易な言葉で一連の社会動向を説明されるなど、限られた時間を有効に援用しながら解説を行って頂くことが出来たと思われます。概ね静粛な雰囲気の中で始業式に臨んだ生徒たちは、多くのメンバーが真剣な表情で原校長の式辞を傾聴していましたが、その後、安藤主幹教諭や江口教頭による生活・学習両面に渡る諸注意(交通安全の励行や社会モラルを踏まえた上でのSNSツール等の活用、授業欠課時数の削減等)を聞いた上で、所定の教室で学期始めの「統一テスト」を受験し本格的な第3学期のスタートが切られました。生徒各人に於いては、これまでに本年度・大工定時制メンバーが内包する才能の一端を見事に開花させて来た実績を、ひとりひとりが虚心坦懐に振り返ることによってこそ、新たなイノベーションの萌芽を見出すことが出来るということを自覚しながら、ネクスト・ステージに向かって着実な歩みを具現化することが期待されています。


[ 1月 8日(水)に実施された『令和元年度:第3学期始業式』では、原校長がこれまでの大工定時制メンバーによる素晴らしい活躍を踏まえながら、更なる研鑽を重ねることの大切さに言及。学習活動や学校行事等をはじめとする新たな目標に向かってそれぞれが努力を重ね、挑戦する必要性が説かれた。 ]