「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > 『令和元年度: 第2学期 終業式・各種表彰伝達式』が行われました。 [REPLETION ]

学校からのお知らせ

『令和元年度: 第2学期 終業式・各種表彰伝達式』が行われました。 [REPLETION ]
2019年12月24日

[ コンテンツ・データ記載= 総務分掌 WEB担当 ]  ※参考= アイテム 更新 12月 24日(火)  21:05            

                                                                      2回目更新 12月 26日(木) 19:02          

◎12月24日(火)、『令和元年度:第2学期 終業式』が実施され、全校生徒に対して原校長から今学期を総括する観点に立脚した式辞が述べられました。その中で、生徒各人がアルバイトを含む校外の諸活動や4年生の進路決定等で垣間見せた意欲的なアプローチを評価する一方、10~11月期に行われた「ジャパン・マイコンカーラリー 2020 大分県・九州大会」や「全日本ロボット相撲2019 九州・全国大会」等の対外コンペティションに於いて、形岡・谷原・平井(いずれも電気科)・後藤(機械科)の各先生方による指導に依拠する形で、定時制メンバー(小出・河野・松場)が卓越した成績を記したことに対する称賛の言葉が送られ、各種資格の取得や学習活動、また課外活動や生徒会によるアクティビティ等で、前年度実績を踏襲しながら様々な取り組みを体現した生徒たちは、新学期に向けて更なる飛躍を期すべく、多くの生徒が真剣な表情で式辞や各分掌主任による訓話を傾聴している姿が印象的でした。また、この日は江口教頭等による統括下、「各種表彰伝達式」(12月19日に実施された「第2学期・学年マッチ」や「体育大会・ドリブルリレー」、「各クラス別出席率」、「機械科1年生・資格取得認定」等の分野)や冬休みの過ごし方等についての諸連絡も行われましたが、表彰されたメンバーに対しては全校生徒・職員から温かい拍手が送られ、安藤主幹教諭や奥貞教務主任からの包括的な説明に関しては、静粛な雰囲気が醸し出される中、総じて真摯な態度で諸注意を確認している様子が見て取れました。今後は、第2学期の活動状況をそれぞれの生徒が多面的に精査し、サスティナブル(持続可能)な学習・生活計画を確立した上で、更なるスキルアップに取り組むことが期待されています。        


[ 12月24日(火)に行われた“令和元年度:第2学期終業式・表彰伝達式”では、本学期の学校行事や各種活動、学習への取り組み状況等を総合的に勘案しながら、多くの生徒が静粛な状況の中で学校行事に臨んでいた。 ]