「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > 『令和 2年度: 大工定時制 体育大会ダイジェスト』(VERSION.2)を記載しました。

学校からのお知らせ

『令和 2年度: 大工定時制 体育大会ダイジェスト』(VERSION.2)を記載しました。
2020年10月07日

[ コンテンツ・データ記載= 総務分掌 WEB担当 ] ※参考 = アイテム更新 10月 7日(水) 21:25               

◎先週記載したコンテンツでも紹介した通り、大工定時制メンバーと学校職員による真摯なアプローチ、更には保護者各位のバックアップ等によって、成功裏に終了した“令和2年度:体育大会”。今回の行事を含め、一連の取り組みを経験することによって大部分の生徒諸君が内包するポテンシャル(潜在能力)は着実に向上しつつあると感じられ、今後の各種イベントに於ける大工健児の一挙手一投足から益々目が離せそうにありませんが、コロナ禍による社会状況の変化等も併せて、学習面への取り組みを含む生徒各人のデバイド(温度差)は依然として顕在化したものがあると思われ、昨日(10月6日)から行われている経済産業省主管の「先端的教育ソフトウェア導入実証事業」=“すららネット”(すらら・すららドリル等)を活用した“Ed-tech教育”の拡充等、今後の多面的な方策が期待されるところです。今回の体育大会については、本校の原校長をはじめ、各係担当の先生方による指導下、包括的なサポート体制が奏功。一方では福田生徒会長(4E)や白坂(4E)・牧(3M)両副会長、更には庄司(4E)書記や篠田・永居両会計(共に4E)等から構成される生徒会スタッフのコンピテンス(能力)とも相成って、円滑な運営が成されたイメージが有りますが、当該アイテムとして『令和2年度: 大工定時制 体育大会ダイジェスト.Ⅱ』を作成しましたので、参照して頂ければ幸いです。 


[ 本校体育館で実施された、“令和2年度:大工定時制・体育大会”(10月 2日)に関しては、前回のコンテンツでも紹介した通り、多くのメンバーが各種競技に対して真剣なアプローチを披露したことで、全体としてスムーズな行事の進行が成された。 ]