「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > 『令和 2年度: 入学式』学校長式辞を記載しました。

学校からのお知らせ

『令和 2年度: 入学式』学校長式辞を記載しました。
2020年04月09日

 [ コンテンツ・データ記載= 総務分掌 WEB担当  ] ※参考 = アイテム更新  令和2年 4月 9日 (木)  16:12 


『令和2年度 入学式』 校長式辞

  満開の桜の花びらが舞う春の佳き日、保護者の皆様方のご列席をいただき、大分県立大分工業高等学校 令和2年度 入学式をこのように厳粛に挙行できますことを心から感謝申し上げます。

 まず最初に、本来であれば、ご来賓の皆さまのご臨席や多くの保護者の皆さまにご列席いただき、たくさんの方からの祝福を受けながら、新入生の入学をお祝いしていただくところですが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、参加者数を制限し、このような簡素な入学式となったことを入学生並びに保護者の皆さまにお詫び申し上げます。

 また、本日受付で配布しました。本校PTA朝来野会長の入学生並びに保護者へ向けた書面による祝辞の前段メッセージに込められた思いについて、本校のすべての教職員も同じ思いをもって入学生をお迎えいたします。
 
 さて、ただいま入学を許可しました全日制課程280名、定時制課程7名 計287名の新入生の皆さん入学おめでとう。在校生、教職員ともども心から皆さんを歓迎いたします。
本校は、明治35年2月 別府町および浜脇町両町組合立工業徒弟学校として設立され、昭和28年に現在の校名となり、全日制課程 機械、電気、電子、建築、土木、工学化学の6学科、定時制課程 機械、電気の2学科を有し、本年度創立119年目を迎える歴史と伝統を誇る工業の専門高校です。この学び舎を巣立った同窓生は、3万名を超え大分県内はもとより日本のみならず世界中の産業界を支え、リードする有為な人材として活躍しています。新入生の皆さん方はその先輩方の高い志を受け継ぎ、大分工業高校の名を世界中にとどろかせる使命を背負って入学してきたことを先ず心に刻んでください。

  まず最初に本校の教訓を紹介します。
一つ目は、「正確」です。真の技術者を育てる工業高校として、「正確」な判断、知識、行動を心掛けてほしいということから、最初に「正確」の言葉を掲げています。工業のものづくりには欠かせない言葉であり、大工生の基準となります。
二つ目は、「勤勉」です。自分を高める意志を持って、勉学等に励んでほしいということです。自分でルールを決め実行してください。自分で決めて実行することが大切です。
三つ目は、「健康」です。健康な体そして健康な心は、どの時代においても、たくましい自分を創っていくための基礎となります。
 校訓の紹介をしました。「正確」、「勤勉」、「健康」です。校訓には、時代の変化を見越した真理が定められています。社会は、ますます多様化し、変化を続けていきますが、3年間の高校生活で「正確、勤勉、健康」を心掛け、その基礎が身につくよう大切に過ごしてもらいたいと思います。
   次に、「一器一芸(いっき いちげい)」という言葉を紹介します。漢数字の一と器という文字、そして同じく漢数字の一と芸術の芸の一文字の四文字です。「一器」とは、物事に役立つ才能を持った個人であり、有能な人物・資質という意味です。芸とは、修練によって身につけた技術、特に学問や武術の技能という意味です。即ち、「一器一芸」とは、皆さん一人ひとりがそれぞれ特長を持った個人であり、他人に誇れる技術あるいは技能を身に付けてほしいということです。本校で学ぶ3年間で、何かをつくりだせる一芸、教科の勉強、実技の技能、部活動や趣味、どの分野でもよいので、自分は「これが出来るんだ」という何かを修得してほしいとの願いが込められています。
この言葉を最初に提唱したのは、本校の第十七代校長を務めたられた小野伊三郎校長です。校訓とともに現在に受け継がれる行動目標としての言葉です。皆さんがいろんな場面で遭遇する言葉なのでしっかりと覚えておいてください。

   さて、皆さんの高校生活が今日から始まります。それぞれの胸の中には、高校生活がスタートする不安に加え、見えない敵であるコロナウイルスへの不安もあろうかと思います。NHK の世論調査によると新型コロナウイルス感染症への不安を抱く人が7割を超えていると報道されています。まず、この不安からくるストレスに対して、まず私たちが今できることは、何かを考えてみたいと思います。
それは、「三つの生活習慣」と「心の支えとなる三つの意識」です。
 三つの生活習慣は、「睡眠」・「食事」・「運動」です。質の良い睡眠をとることがストレスの緩和と感染のリスクを下げることにつながります。毎朝一定の時間に起きることで体内時計のリズムを整えることができます。しっかりと睡眠をとりましょう!そして、バランスの良い食事です。ビタミンやタンパク質をしっかりと取りましょう。最後は、適度な運動です。体を動かすと骨格筋の緊張が取れてリラックスします。有酸素運動を取り入れて、笑顔で過ごしましょう。
 次に、ストレスに負けない心の支えとなる三つの意識についてお話しします。
 まず「有意味感を持つこと」。これは、今行っている「手洗いの励行」「マスクの着用」「外出自粛」などその目的を理解して、それによって感染拡大を減らすことができるんだと意識することです。


 次は、「全体把握感を持つこと」。これは、「時間はかかるかもしれませんが、必ずこの感染拡大は収まる」といういうことを意識することです。
 最後は、「経験的処理可能感を持つこと」。これは、一人では解決が難しいと思われることも、周囲の人の助けを借りれば必ず解決できるということを意識することです。この三つを意識しながら、この困難なコロナとの戦いを乗り切りましょう。
 そして、もし思い悩むことや不安があれば、何でも本校の教職員に相談して下さい。皆さんのことを大切に思う、信頼のおける先生方です。気軽に相談して下さい。

 最後になりましたが、保護者の皆さま、お子様のご入学、誠におめでとうございます。心よりお慶び申し上げます。本日入学した子どもたち一人ひとりが充実した学校生活を送り、豊かな未来を切り拓くために、私ども教職員一同、全力を尽くして教育活動にあたって参る所存です。どうぞ、本校の教育方針、教育活動に対しご理解とご協力、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。 
本日、入学を許可したすべての皆さんが、心身ともにたくましく、頼もしく成長することを祈念して、入学式の式辞といたします。
         
          令和2年4月9日

                                                                                                           大分県立大分工業高等学校 校長 原 勇人


[ 記載画像は、『令和2年度・ 大工 入学式』のデータから編集したセレクション.①。 ]