「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > 『令和元年度: 第1学期終業式・ 各種表彰伝達式』等が行われました。 [REPLETION ]

学校からのお知らせ

『令和元年度: 第1学期終業式・ 各種表彰伝達式』等が行われました。 [REPLETION ]
2019年07月22日

[ コンテンツ・データ記載= 総務分掌 WEB担当  ] ※参考 = アイテム更新  7月 22日 (月)  20:32

                                                                                 2回目更新 7月 23日 (火)  16:43        
◎九州から東海、北陸地方等にかけて、所々で雷雨や激しい雨が散見される一方、同時に真夏日を記録するエリアも漸増傾向にある日本列島。そうした不安定な気象状況が続く中、先週の金曜日[7月19日]には、『令和元年度:第1学期・終業式』が実施され、全校生徒に対して原校長が今学期を総括する観点からの式辞を述べられました。今学期の終業式に関しては、江口教頭による全体統括下、「第1学期・各種表彰伝達式」が同時間帯に実施され生徒たちは概ね静粛な態度で行事に臨んでいましたが、原校長は“本年度・定通体育大会”をはじめ、生徒個々人が明確な目的意識を持って様々な活動にトライした1学期の取り組みを評価する一方、学校全体の出席率がハイアベレージで推移したことや「第2種電気工事士」、並びに「計算技術検定」等の各種資格試験に於ける合格率アップ、更には成績上位者を中心とした学習活動への主体的な取り組みを称える等、基礎学力向上の重要性を含めて、毎日の生活に於ける前向きなアプローチを継続することの大切さに言及。本年度の学校求人概数が約150社(7月中旬現在)というシチュエーション下、就職や進学等の進路決定を目前に控えた4年生をはじめ、部活動や生徒会活動、更にはアルバイト等のカテゴリーで個別のポテンシャル(潜在能力)を勘案しながら意欲的なアクティビティを体現した多くのメンバーは、学習・生活両面の充実という“エセンシャル・ガイドライン”(必須指標)を改めて念頭に置きながら、殆どの生徒が真摯な態度で式辞を傾聴していたのが印象的でした。今後は、安藤主幹教諭や奥貞教務主任等による今学期のサマリー(論点整理)を踏まえて、これまでの取り組み状況を各人が多面的に精査し、サスティナブル(継続的)な生活スケジュールを確立した上で、更なるスキルアップに取り組むことが期待されています。


[ 7月19日(金)に行われた『令和元年度:第1学期終業式・表彰伝達式』に於いては、本学期の各種活動を振り返りながら、殆どのメンバーが概ね静粛な態度で学校行事に臨んでいた。 ]