「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 行事予定 > 学校行事報告

行事予定

学校行事報告
2011年11月18日

【大分県定通県体】

6月12日

(陸上競技) 2人が3種目で標準記録を突破し、全国大会出場権を得た。

(卓球)   1名が男子シングルスで準優勝し、全国大会出場権を得た。

(柔道)   1名が軽量級個人戦で優勝し、全国大会出場権を得た。

(ソフトテニス)2ペアがベスト4に入り、全国大会出場権を得た。

(軟式野球) 県体は不戦勝で東九州大会は優勝。全国大会出場権を得た。

 

【校内生活体験発表大会】

 7月13日に7クラスの代表による校内発表大会がおこなわれた。いずれも自らの体験を赤裸々に語り、聴衆である生徒・職員の共感を得た。後日、審査会が行われ、2年機械科の木田君が最優秀に選ばれた。10月に日田高校で行われる県大会での活躍が期待される。

 

【大分県定通生徒生活体験発表大会】

10月13日に日田高校で行われた大会で、本校代表の木田君が見事、最優秀賞に輝いた。7月の校内審査で代表に決まってから、担当の福田先生と放課後練習を繰り返した努力が報われた。本校の最優秀賞受賞は平成15年の当時機械科1年生だった三浦君以来の快挙である。11月20に東京で行われる全国大会までにさらに練習を積んで入賞を目指してほしい。

 

【校内体育大会】

 10月21日の大会は今年も(科対抗形式ではなく)全校生徒を紅白に分けて体育館で行われた。

最終種目まで勝敗の分からない状況であったが、リレーに勝った白団が優勝し、団長の渡拔君に優勝旗が授与された。大会には振興会会長、PTA会長、芳河原台自治会会長も来賓としてきていただき、競技にも参加していただいた。

 

【エコデン宮崎大会】

 11月6日に宮崎市で行われたエコデン大会(50ccのバイク用バッテリー1つを動力として40分間にどれだけの距離を走行できるかを競う)に出場した本校チームはジュニア部門で見事3位に入賞し、表彰台に上がった。4年生の松岡君以下4名の生徒と引率の2人の先生方お疲れさまでした。

 

【文化のつどい】

11月17・18日に本校給食室で6回目となる「文化のつどい」が行われた。初日はまず、生徒会による本校開校110周年関連のクイズや大洲飛行場跡にある特攻基地記念碑の取材発表などがあった。その後、芳河原台団地の方々や振興会・PTA両会長を交えての恒例の郷土料理作りが始まった。今年は3年前にも作った「じり焼き」で、レシピ説明の後、11テーブルに分かれて作り始めた。たちまち、辺りには香ばしいにおいが立ち込め、次々に焼き上がるじり焼きを堪能しながら団地の方々との交流を深めた。2日目は映画観賞会で生徒からの要望の強かった映画を上映した。通常の授業から解放された生徒は2日間を満喫した。