「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 教育課程 > 単位制の教育課程

教育課程

単位制の教育課程
2011年02月08日

 単位制の教育課程 (平成21年度入学生から年度進行) 
 

平成21年度入学生から 単位制の教育課程

 基本的には、指定された科目を履修し、卒業判定審査をパスすれば卒業することができます。

 ●教育課程は、(1年目はほとんど同じですが、)2年次から

   3年卒業コース(定通併修制度利用による3修制コース)と
   4年卒業コース に分かれます。

 ※3修制コースに進むには、成績等の条件をクリアする必要あり。
 ※併修コースでは、授業料の追加納入が必要。

 ●他の高校などで修得した単位がある場合は、その一部あるいは全部を、
  卒業に必要な単位の一部として充当することができます。
 ●高校卒業程度認定試験の結果による単位修得認定も可能です。
 ●技能審査の成果による単位修得認定も可能です。
 ●実務代替による単位の認定(就業実績による単位認定)も可能です。
 ●修得単位の合計が19単位以上ならば、3修制コース以外の生徒でも、定通併修制度が利用できます。

 

【 本校で修得できる科目一覧 】

  次の表にある科目の単位を、3年間または4年間かけて修得します。履修の順番にさまざまなルールが
  ありますので、注意が必要です。履修の仕方については、入学後のガイダンスで詳しく説明します。

  注意1: 他の高校などで修得認定された単位を持たない入学者は、
      「標準履修プラン」により学習することになります。
  注意2: 他の高校などで修得した単位がある方は、必ずお問い合わ下さい。
      条件が満たされないと最短年数で卒業することができません
 

 教科  教科  科目 単位数
 普通教育に関する科目   国語    国語表現1 2
 国語総合 4
 地歴    世界史A 2
 日本史A  2
 公民   現代社会 2
 政治経済 2
 数学   数学1  4
 理科   理科総合A 2
 理科総合B  2
 保健体育   保健 2
 体育  7
 芸術   書道1  2
 外国語   オーラルコミュニケーション1  2
 家庭  家庭総合 4
 家庭基礎 2
 フードデザイン  2
 情報   情報B  情報技術基礎により代替
 普通科目 要修得単位数合計 41 
 専門教育に関する科目   工業      工業技術基礎 
 課題研究 
 実習 
 製図  2~6
 工業数理基礎 
 情報技術基礎 
 機械工作  3~4 
 機械設計 
 原動機 
 電気基礎 
 電気機器  3~4 
 電力技術 
 電子技術 
 専門科目 要修得単位数合計    34~35
 卒業に必要な単位数   75~76 
 総合的な学習     課題研究により代替 
 ホームルーム活動     3~4 


 

教育課程補足資料


 標準履修プラン    機械科(PDF:83.8KB)  電気科(PDF:85.2KB)  

 ※平成22年度から 上記標準プランの一部が変更される予定です。

             新機械科(PDF:81.1KB)  新電気科(PDF:80.5KB) 


3修制などを利用すれば 3年以下の年数で卒業可能

 1年目の課程修了者で、成績等の条件をクリアしている生徒は、3年卒業(3修制)コースを希望することができます。
 このコースは、本校の授業の他に、22年春開校の独立単位制高校「爽風館高校」通信制課程の授業を 18単位受け、
 2年間で3年分の単位を修得します。

 4年卒業コースに比べれば大変ですが最低年数で卒業できます。

※既に他の高校などで修得している単位があれば、さらに短い年数で卒業できる場合もあります。
 詳しくはお問い合わせください。

 

3修制以外にも多様な単位修得方法が利用可能

 正規の授業を受けて単位を修得する以外に、次のような方法で単位を取ることができます。

 ●定通併修制度の利用:
  19単位以上を修得した生徒は、3修制の生徒と同じように爽風館高校(22年4月開校予定)通信制課程の単位を取ることが出来ます。

 ●大検や高校卒業程度認定試験の結果の利用:
  高校卒業程度認定試験の結果を使った単位の修得ができます。(大検も同じ)

 ●既修得単位の利用:
  他の高校等で修得した単位がある場合は、その一部あるいは全部を卒業に必要な単位の一部に充てることができます。

 ●資格や検定試験の結果の利用
  漢検・英検・製図検定や電気工事士資格取得など技能審査の成果を利用した単位修得ができます。

 ●実務代替制度の利用
  実務代替による単位の認定制度が利用可能です。就業実績を利用して単位を修得することができます。