「勤労学生の学び舎」~昼間働きながら夜勉強~

定時
機械科
|
電気科
定時
HOME > 部活動・生徒会活動等 > "第2学期学年マッチ=ボウリング大会"概況報告②を作成しました。

部活動・生徒会活動等

"第2学期学年マッチ=ボウリング大会"概況報告②を作成しました。
2013年12月24日

 

◎前回のコンテンツでも紹介した通り、福元新生徒会長(3M)を中心に、池田(2E)・竜(2E)・姫野(2M)のメンバーで構成される

生徒会執行部と先生方による万全のサポート態勢が奏功し、成功裏に終了した“第2学期:学年マッチ”。今回のボウリング大会に

関しても、多くの生徒諸君が生徒会行事を通して仲間たちとの親睦を深め、学習やアルバイト等、今後の諸活動の充実に向けた

活力のようなものを体得出来たのではないかと思われます。

 12月24日(火)には、第2学期の終業式が行われ、各種大会の表彰等も行われた訳ですが、木本校長が式辞の中で来年の

大河ドラマ『軍師官兵衛』の人物像に言及し、動乱の戦国時代、竹中重治(半兵衛)と並んで“稀代の名参謀”の呼称を欲しい

ままにした黒田如水(官兵衛)の生き方に学ぶ重要性を説いたように、播州(播磨国)小寺氏の近習を経て、豊前中津城や

筑前福岡城などの主として君臨するに至るプロセスの中で、文字通り“水の如く”柔軟な適応性や逞しい社会性を如何なく発揮し、

秀吉の天下布武に向けて必要不可欠な「イノベーション」(改革・刷新力)を間断なく体現し続けた“軍師官兵衛”の卓越した才能が、

多くの民を戦国の社会から救い、いち早く泰平の世を実現させるためのキーパーソンとなった点について、生徒諸君は勿論、

混沌とした現代に生きる個々人が、改めて彼の「ロードマップ」(目標到達過程)を紐解く必要性に気付くべきではないかと思います。

今後は、第2学期の学年マッチを含む、各種行事を通じて涵養したそれぞれのアビリティ(能力)を将来的な方策の糧とすべく、

黒田如水が内包した彗眼の“洞察力”や“決断力”等をモチーフとしつつ、更なるスキルアップに向けて、生徒各人が継続的な努力を

遂行することが期待されています。

(今回の“ボウリング大会・概況報告②”では、前回の続報ファイルとして写真データを記載していますので、参照して頂きたいと思います。)

IMG_4229 (2).jpgIMG_4216 (2).jpgIMG_4170.JPGIMG_4195 (2).jpgIMG_4280 (2).jpgIMG_4252 (2).jpgIMG_4295 (2).jpgIMG_4320 (2).jpgIMG_4339 (2).jpgIMG_4187 (2).jpgIMG_4345 (2).jpgIMG_4178 (2).jpgIMG_4299 (2).jpgIMG_4259 (2).jpg

[ 12月19日(木)、「タワーボウル稙田店」に於いて実施された“第2学期:学年マッチ”では、全校生徒がボウリングを通じて親睦を

図り、総じて和やかな雰囲気の中で交流が行われた。 ]