大分県立別府鶴見丘高等学校


登山同好会 九州大会初出場!

 大分県準優勝を受け、本校登山同好会は今季、九州大会に初出場を果たしました!

 以下、山本悟史顧問よりのレポートです。

 

 

調理審査中。今日の料理は? さあ、出発です!
テント設営審査中 全九州のメンバーと

 

  7月8日(金)~11日(月)にかけて、平成28年度全九州高等学校登山大会が鹿児島県霧島山系で開催され、本校登山同好会(3年生の井手郁也、石川龍朗、2年生の砥綿晃希、古川虎樹)が出場しました。

 3年生の首藤優也が、大会直前の怪我のため出場できなかったのが残念でした。

 大会中は生憎の大雨でコースが変更になったり、他チームが蜂に刺されたりするなどアクシデントもありました

 しかし、どのチームも愚痴一つこぼさず、平然と競技に取り組んでおり、その姿は逞しく、登山という競技で培われる人間力、タフさを改めて感じることができました。

 テント設営審査時には一瞬の晴れ間も見え、芝のグラウンドに色とりどりのテントの花が咲きました。

 県大会では時間制限内に建て終えることのできなかった本校チームも、九州大会では完璧に設営することができ、選手にも満足そうな笑顔がこぼれました。

 結果は入賞がかないませんでしたが、84.3点と自己ベストの点数を取得することができました。

 選手はよく頑張りました。これで3年生は引退ですが、秋の新人戦では2年生を中心に、県大会優勝を目指して頑張ってくれるものと思います。


作成日 :2016/08/09 09:17
カテゴリ:学校からのお知らせ 部活動・生徒会活動等



Copyright 大分県立別府鶴見丘高等学校