全日
普通科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 「地域活性化とキャリア教育」生重幸恵さん講演

学校からのお知らせ

「地域活性化とキャリア教育」生重幸恵さん講演
2017年02月15日

 2月15日午後、「地域活性化とキャリア教育」という題の生重幸恵さんの講演を、鶴見丘高校教職員一同で拝聴することができました。

 生重さんは現在スクールアドバイスネットワークといった活動をされており、中央教育審議会の中でも意見を述べておられます。活動の原点として、「人の集まる図書館や茶道室を」と、自ら企業を回り、一口10万の寄付金を募って学校をリフォームしたことなどをお話し下さいました。おすまいである杉並区の教育関係の方のご理解もあった、とのことですが、それぞれの場面で生じたであろう壁を乗り越え、活動実績を上げておられます。

 教職員の私たちにご紹介頂いたのは、様々な学びの観点や具体的な活動の支援の手法でした。

 英語教育に関しては「難関私大入試においては、討論やプレゼンに英語を使用することとなっており、むしろ英語の試験は必要ない」ことや「中学で英検3級を持てないと可能性が閉ざされる」こと、クラス経営については「仲良し作り」をするよりはむしろ「互いをリスペクトしあえる関係作り」をということ、キャリア教育に関しては今後子どもたちは「キャリアパスポート」を持ち、知の再構築と言える教科横断的な探求活動をずっと継続的に記録していくこと、その際の教職員の役割は、「陰ながら支える」という教育手法になること、また、具体的には課題解決のためのNPO作りなども、子どもたちに段階的に課すこと、その際の人的社会的物的リソースの組み合わせについて支援すべきこと、等、大変具体性に富んだお話でした。

 本校は総合的な学習の時間を用いて、教科横断的な学習活動も毎学年企画運営しており、こうした具体的なお話は大変助かるものでした。また、こうした機会を得て、様々にお話を伺えると幸いです。

 お忙しい中、生重さまには大変貴重な時間を割いて頂き、感謝申し上げます。有り難うございました。

 

 

講師の生重幸恵さん 講演の様子です