全日
普通科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 関西方面探究活動(2日目)の様子

学校からのお知らせ

関西方面探究活動(2日目)の様子
2019年10月07日

10月7日(月)、関西方面探究活動の研修2日目となります。

今日は、京都駅を8:00に出発し「けいはんな学研都市」を目指します。

けいはんな学研都市(正式名称:関西文化学術研究都市)とは、京都、大阪、奈良の3府県にまたがる京阪奈の緑豊かな丘陵において、関西文化学術研究都市建設促進法に基づき、建設・整備を進めているサイエンスシティです。

今回は、その都市にある施設のうち「国際電気通信基礎技術研究所(ATR)」「オムロン京阪奈イノベーションセンター」を訪問しました。

 

ATRでは、ロボット研究についての話を聞き、自律対話型アンドロイド“ERICA”と会話する体験もできました。
時間をオーバーしての質疑応答が行われ、探究心が刺激される時間となりました。

 

午後からは、オムロンを訪問しました。
オムロンといえば体温計や血圧計のイメージが強いですが、それは全体の13%。さまざまな分野でイノベーションを生み出しています。制振制御や卓球ロボット“フォルフェウス”の技術に驚かされました。ここでも時間をオーバーして質疑が行われ、生徒から「どうしたらここで働けるようになりますか?」という質問も出されるほどでした。