全日
普通科
全日
HOME > その他の活動 > 第68回卒業式が行われました

その他の活動

第68回卒業式が行われました
2016年03月02日

 3月1日、本校第68回の卒業式が挙行されました。

 卒業生の入場が告げられると、吹奏楽部の演奏に合わせ、生徒が入場を開始。在校生や保護者の大きな拍手に包まれながら、会場に入りました。

 開式のことば、国歌斉唱に続いて、卒業証書授与が行われ、各クラス1名づつが代表生徒ととして登壇し、中尾校長から卒業証書を受け取りました。 

 中尾校長は式辞の中で、卒業生に贈る言葉として、皆さんの成長に尽力してくれた人やお世話になった方々に是非、自分の言葉で感謝の気持ちを伝えること、また校歌に謳われてる「立ちて果さん我が使命」の歌詞のように、凜とした姿で挑戦し続ける勇気、逞しさを持ち続けてほしいと語りました。さらに、「これから困難にぶつかることも多いと思いますが、高浜虚子の『春風や 闘志抱きて 丘に立つ』の句のように希望を失わず志を高く持ち、顔を上げ胸を張って、前へ前へと進んで下さい。そして、もし心を癒したくなった時には、大切な家族、気心の知れた友達、お世話になった先生方、地域の皆さん方の待つ故郷に帰ってきて下さい。」との言葉を送り、しめくくりました。 

 来賓として、溝部PTA会長、徳田鶴嶺会会長が祝辞を述べました。在校生を代表し、永冨生徒会長が送辞を述べました。卒業生を代表し、河野友海さんが答辞を述べました。さらに記念品(体育館儀式用パイプ椅子)贈呈が行われ、川口祐矢君が代表として目録を読み上げ、校長に手渡しました。

 続いて式歌として「蛍の光」を斉唱。最後に校歌を斉唱し、式を終えました。

 卒業生退場の後、卒業生の保護者を代表し、麻生徳子さんがあいさつしました。

卒業証書授与 校長 式辞 同窓会長 祝辞
在校生代表 送辞 卒業生代表 答辞 卒業生退場