全日
普通科
全日
HOME > その他の活動 > 2回目の防災避難訓練を実施

その他の活動

2回目の防災避難訓練を実施
2014年12月04日

 

 12月3日(水)、AT終了後、本年度2回目の防災避難訓練が行われました。防災避難訓練は年間2回予定されており、「自らの生命は自ら守る」という自助とお互いに協力し合う共助の考え方を養い、学校の災害に対する防衛力を高める目的で実施されております。

 今回は「自主訓練」の設定で、「火災による避難」と「集合・整列・点呼・報告」を訓練項目に全員退避7分以内を目標に行われました。第1回目に行われた防災避難訓練での退避は6分35秒でしたが、今回は5分22秒で退避が完了しました。避難経路の十分な確認、また生徒の防災避難訓練に対する意識の高さがうかがえます。

 校長先生からは、先日の白馬村での地震後の救助活動や、別府市内での火災の時の声かけなどを例に、非常時に助け合うことの大切さや、修学旅行・受験の際の避難経路の確認の必要性、天候などによる臨機応変な対応についても話がありました。

 最後に各学年生徒代表2名による『消火訓練』がありました。水消火器を使って、初期消火の体験をしました。消火の方法だけでなく、消火器がどこのあるのかを確認してから行うものでした。終了後の生徒の感想に「危機感を持って訓練を行いたい」とあったように、『訓練は本番のように、本番は訓練のように』という心構えで、災害は起こらないことが一番ですが、もしもの時にはこの経験を役立ててほしいと思います。

 

 

             
IMG_7011 (180x120)    IMG_7015 (180x120)    IMG_7022 (180x120)     IMG_7025 (180x120)
 中央廊下から避難    スリッパで避難   グランドに避難    生徒点呼の報告
             
 IMG_7026 (180x120)    IMG_7029 (180x120)    IMG_7033 (180x120)    IMG_7040 (180x120)
 避難後、グランドに整列    校長より講評    初期消火訓練 その1    初期消火訓練 その2