全日
普通科
全日
HOME > 部活動・生徒会活動等 > 全九州選抜高等学校バレーボール大会参加報告

部活動・生徒会活動等

全九州選抜高等学校バレーボール大会参加報告
2017年02月27日

 2月11日、12日の両日、鹿児島にて全九州選抜高等学校バレーボール大会が行われ、本校バレー部も参加しました。

 戦績は下記の通り、1勝1敗となりました。強豪校ひしめく九州大会。全国レベルで力を試せ、また新しい技術や課題を知る、良質の大会を経験させて頂くことができました。

 いつもTEAM鶴見丘を応援下さる皆様に感謝申し上げます。

 主将と高木部長よりコメントを頂きましたのでご紹介します。

 <平成28年度全九州選抜高等学校バレーボール大会 予選グループ戦>

別府鶴見丘1-2開新(熊本)

別府鶴見丘2-1美里工業(沖縄)

主将 小田涼太より

  今回の大会は、新チームになって初めての県外チームとの試合でした。結果は、1勝1敗で予選敗退でした。

 ですが、九州大会で1勝できたというのは、大きな進歩だと考え、この良いイメージをモチベーションにし、

 次の大会に向けて高い意識を持って練習に励んでいきます。

 

部長 高木晴久より

 グループ戦で開新(熊本)に1セット目を取っておきながら、2、3セット目を連取されてしまった。レシーブ力の強化とセッターとのコンビネーションの精度を上げることが喫緊の課題といえる。

 開新が美里工業(沖縄)にも勝って、決勝トーナメント進出を決めていたので、美里工業との試合は、モチベーションの維持が難しかったが、主将を始め、選手はよく戦った。

 但し、受けに回ると声がでなくなり、元気がなくなるという課題も新たに見つかった。

 4月の九州総合選手権の予選に向けて、新入生を含め、チーム力を強化する必要性を強く感じた。