全日
普通科
全日
HOME > 部活動・生徒会活動等 > 全国総文にて「しあわせのタネ」蒔く~弁論 堤早紀さん

部活動・生徒会活動等

全国総文にて「しあわせのタネ」蒔く~弁論 堤早紀さん
2016年08月03日

 8月1日(月)より、第40回全国高等学校総合文化祭 2016ひろしま総文 ならびに 第62回文部科学大臣旗全国高等学校弁論大会が広島県三次市で開催され、各都道府県から70名の弁士が出場しました。

 大分県代表として、昨年度の中央弁論大会で最優秀賞を受賞した、本校の堤早紀さんが出場しました。

 弁論は「しあわせのタネ」という演題で、家族や地域のつながりの大切さを訴える内容を発表しました。

 今大会では8番目に登壇し、おちついて、力強く表現できていました。

 結果は、上位入賞(15位まで)まで、平均点であと2点でした。 全体として力の拮抗した大会であり、決して他県に引けを取らない、堂々とした発表でした。

 


堤さんの発表の様子です