全日
普通科
全日
HOME > 部活動・生徒会活動等 > 春高バレー2017を闘って~バレー部主将・監督より~

部活動・生徒会活動等

春高バレー2017を闘って~バレー部主将・監督より~
2017年01月13日

 2017年1月4日、東京体育館にて、春高バレー1回戦が行われ、大分県代表として本校バレー部も出場しました。

 善戦空しく、惜敗しましたが、来年度に繋がる戦い振りでした。応援有り難うございました。

 選手と監督より感想をいただきましたので、参加の報告とさせて頂きます。

 特に遠く東京まで駆けつけ、声援を下さった皆様、誠に有り難うございました。深謝申し上げます。

 

3年 主将 田中 航

 

 私たちバレー部は「全国ベスト8」を目標に、毎日練習をしてきました。インターハイで達成することができなかったこの目標を、春高で達成するため、まずは初戦突破をめざし、対戦相手の分析や対策を重ね、試合に臨みました。

 春高は試合に負けた時点で、3年生が引退となります。目標を達成するため、みんなと1分1秒でも長く、一緒にバレーをするために、精一杯、全力で戦いました。

 しかし、本来の力を十分に発揮できないまま、負けてしまいました。力を出し切れず、本当に悔しい思いです。しかしプレー中は、最後の一瞬まで誰一人諦めることなく、全員で全力でボールを繋ぎ、本当に楽しくプレーすることができました。

 この3年間で、たくさんのことを学びました。それはこれから部員それぞれが生きていく上でも、大きな財産となることだと思います。3年生はこれをスタートに、またそれぞれの道を一生懸命進み、1、2年は今回の悔しさを胸に、来年もう一度春高の舞台に立って、リベンジしてくれると信じています。

 そして何より、バレー部がここまでやってくることができたのは、保護者の皆さん、先生方、学校のみんな、地域の方々などの、たくさんの方々の支えと応援があったからです。本当に有り難うございました。

 

 

2年 小田 涼太

 

私たちバレー部はこの1年間「全国大会でベスト8以上に入ること」を目標としてきました。個人それぞれが、その為にはどのようにすれば上手くなれるのか、勝つことができるのか、真剣に考え、バレーと向き合って練習してきました。

そして今回、3年生と一緒に出場できる最後の大会である「春高バレー」という全国大会へ出場しました。

3年生にとって最後の大会ということで私は「ミスをしたくない、私のせいで負けたくない」と消極的になってしまい、1セット目はなかなか点を取ることが出来ませんでした。しかし、そこで先輩から「もっと積極的にいけ!フォローは俺等がする!」と声をかけて頂き、ふっきれて、2セット目はのびのびとプレーすることが出来ました。

結果は負けてしまったのですが、3年生の「存在の大きさ」を実感しました。

これからは、個人的には、新チームの最上級生、そしてキャプテンとして、後輩やチーム全体を引っ張って行ける「頼れる存在」となりたいと考えています。

そして先輩方から引き継いだチームの夢「全国ベスト8以上」を、次こそは果たせるように頑張ります。

 

監督 丸山野 涼介

 3年生にとっては「最後」の春高、私にとって、監督としては「最初」の春高となりました。3年生は次のステージへのステップアップ、そして新チームは「この晴れ舞台へまた戻ってきたい」という大きな目標を得ることができた大会でした。

 応援して下さった方々、本当にありがとうございました。

TEAM鶴見丘 センターは高木部長

プレー直前

心を一つに ベンチも一丸となって