全日
普通科
全日
HOME > 本校を志願する皆さんへ > 安心院・院内の小中高の先生大集合!

本校を志願する皆さんへ

安心院・院内の小中高の先生大集合!
2020年08月21日

8月21日(金)

安心院高校において、「令和2年度安心院・院内地域連携型小中高一貫教育に係る第1回小中高教員合同研修会」が開催されました。

本校は、平成22年度に文部科学省から「研究開発学校」の指定受け、安心院・院内地域の小学校・中学校との連携型小中高一貫教育を導入し、これまでに系統性のある教育課程や12年間の系統を考えた新教科「地球未来科」の開発を行ってまいりました。昨年度(令和元年)からは、さらに3年間の延長指定を受け研究・実践を行っています。

今年度の研究開発課題は、「新教科『地球未来科』の充実と『地球未来科』で身に付けた力を生かしながら、各教科で異年齢の協働的な学びを行い、主体的な学びの育成を目指す」であり、安心院・院内地域の小・中学校及び高等学校に勤務する教職員全員で研修を行いました。

全体会では、7月16日(木)に開催された「小中高一貫教育に係る確認・助言の会」での、指導・助言を踏まえ、今年度の研究方針を全員で確認しました。続いて行われた分科会の前半は、「KEY STAGEごとの各学校の過去の取り組み事例の成果・課題の紹介・共有、成果・課題を踏まえた本年度の取り組みの方向性」について、後半は「活動を中心とした、各学校の過去の取り組み事例の成果・課題の紹介・共有、成果・課題を踏まえた本年度の取り組みの方向性」について各グループで討議しました。分科会では、この日の気温と同様、熱い議論がなされていました。

全体会  分科会1  分科会2

写真左;全体会  写真中;分科会(ML活動グループ)  写真右;分科会(中3グループ)

 

 参加した教員からは、「これまでの実践に間違いはなかった。今後、さらに研究実践を推進し、子どもたちの学力、探究力の向上を図っていきたい。」、「これだけ多くの教員がかかわった研究は初めてで、何ができるかをしっかり考えていかなければならいと強く感じた。」などの感想が聞かれました。